私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

あなたのくすみはどれ?くすみのタイプ別お手入れ方法

3561 view

くすみのタイプと、その改善方法をご紹介します。

くすみトップ

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/9907?title=

 

実は、お顔のくすみにはいくつもの原因がありそれぞれ改善方法が違うのです。自分のくすみの原因を見極めて、それに合った改善方法をおこなう事がくすみのない肌作りには重要なのです。では、一体どの様な種類のくすみがあるのでしょうか?

灰色がかったくすみ

ひじ・ひざ・かかと等に多く見られる、灰色がかったくすみは角質肥厚型タイプです。この角質肥厚型タイプの原因は、ターンオーバーの遅れによって角質肥厚が起こる事で肌がくすんでしまいます。

その為、ピーリングや酵素の洗顔やパック等をして余分な角質を取り除く事が重要です。ピーリングは、AHAである乳酸。酵素は、パパインやプロテアーゼ等の成分が入った物を使用すると良いでしょう。しかし、肌が極度に乾燥している場合やアレルギーのある場合はこのようなお手入れは避けた方が良いです。

「サンソリット スキンピールバー AHAマイルド」
ピーリングソープ
出典:http://item.rakuten.co.jp/befile/sp_gr-1/=

透明感のないくすみ

透明感のないくすみは、乾燥型タイプです。この乾燥型タイプの原因は、失った水分を補う為に角質肥厚と同じような状態になって肌がくすみます。

これを改善するには、保湿ケアをする事が大事です。セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン等の成分が入った化粧品を使用すると良いでしょう。

「ドクターYエモリエントエッセンス セラミド3配合美容液」
セラミド
出典:http://item.rakuten.co.jp/ebeaute/dry027/=

血行が悪く青白いくすみ

青白いくすみは、血行不良型タイプです。睡眠不足などで血行が悪くなる事が原因で、肌がくすみます。このタイプは、血行をよくする為にマッサージを行なうと良いでしょう。入浴後のお肌のお手入れの際に、マッサージを日課にする事をお勧めします。
マッサージ
出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/10159?title==

茶色・黄ぐすみ

茶色・黄ぐすみは、肌の中でタンパク質と糖が結びつく糖化が原因のくすみです。このタイプは、糖化に着目した美容液でケアをする事がお勧めです。また、普段から血糖値を急増させない食生活を心掛ける事が重要です。カモミールのハーブティーは、抗糖化作用がある為お勧めです。
ハーブティ
出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/148652?title==

いかがでしたか?自分のくすみの原因がお分かり頂けたでしょうか?透明感のある肌を目指す為には、くすみを改善する事が重要ですね。くすみでお悩みの方は、是非自分のくすみタイプにあった改善方法を試してみてくださいね!


nana

nana
自己紹介は「メンタル心理士で変身メイクアドバイザーです。変身メイクのレッスン教室やメールでのアドバイスをおこなっています。女性の綺麗になりたい気持ちを応援します!!」

others 関連するまとめ

d8cbe7d21e0a187584287028b0100824_s

コーヒーは本当に味方になってくれるの?コーヒーと便秘の関係

コーヒーは便秘の味方になってくれることもありますが、敵となってしまうこともあります。便秘になってしまう理由にはタンニンやクロロゲン酸、利尿効果があり、便秘を治してくれる理由にはカフェインの刺激作用が挙げられます。

美容・健康

36f73ee25c31fe0b35df9e6b36f77e94_s

第一印象は歯で決まる?!気を付けていますか?歯のホワイトニング対策

これから出逢いの多いシーズン。キーポーイントは「白い歯」。歯のホワイトニング、気を付けていますか?

美容・健康

aefd773ae5345bd52a289a1633013fc0_s

最終ダイエット法はコレ!食べる前に○○を食べると科学的に痩せる!?

ダイエットを行う最適な方法は、食事の前に血糖値をあらかじめ上げておくことです。フルーツを食前に食べることで血糖値を挙げることができるますし、フルーツは身体によくデトックス効果もあるのでダイエットには最適ですね。

美容・健康

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s

同じものを食べても全然ちがう!ダイエットカウンセラーが教える”痩せる食べ方”とは

食べることを我慢せずにダイエットすることができたら素敵ですよね。実は、痩せる食べ方というものがあり、よく噛んで食べる、フルーツなどを先に食べておく、食後にカフェインを摂るなどの方法で、きちんと食べながら痩せることができるのです。

美容・健康