私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

内側から素肌力をぐんと上げる「3つ」のキーポイントはこれ!

3373 view

素肌力を高めるポイントを3つ覚えておきましょう。

8219605337_6f2a1cb8a7
出典:http://www.101beautysalon.com/

美肌のためには大切なことがたくさんあります。特に内側から素肌力を高めていくのには、食事が大切です。簡単なキーワードを3つ覚えておくだけで、肌トラブルも減るのではないでしょうか。

キーポイント①

「女性ホルモン作用」
15773340663_d2d7c406ed_z
出典:https://www.flickr.com/
アンチエイジングには女性ホルモンが大切です。女性ホルモンの乱れは女性にとって大敵です。美肌・美髪・スタイル維持などに必要不可欠なもの。女性ホルモンとはエストロゲンのことですが、エストロゲンはピチピチお肌に重要です。

たるみやしわなどの老化を防ぐためには、エストロゲンと同様の作用がある大豆イソフラボンを摂取しましょう。アンチエイジングには大豆イソフラボンが良いということを覚えておくといいですね。また、冷えは女性ホルモンにとって良くないことですので、温活を心がけましょう。

おすすめ食材は・・・
・豆腐
・納豆
・根菜
・かぼちゃ
・ねぎ
・しょうが
・いわし
・鶏肉

キーポイント②

「たんぱく質」
炭水化物よりたんぱく質をとるようにしましょう。ダイエットのために、肉を食べない女性は多いですね。しかし、それは間違いです。ダイエットのためには炭水化物を減らした方が有効です。

肌細胞にはたんぱく質が非常に大切で、不足すると肌荒れの原因になります。肉や魚を食べて、お肌を健康に保ちましょう。もも肉やささみなどの脂身少なめのお肉やお魚がおすすめです。

キーポイント③

「抗酸化野菜」
抗酸化作用は体のサビを防ぐ重要キーワードです。まさにアンチエイジングと抗酸化作用は切っても切れないもの。緑黄色野菜に含まれるβカロテンが大切です。
ビタミンCには抗酸化作用があり、1日300グラムを目標に摂取するといいですね。特に、おひたしや煮物や和え物などの和食がおすすめです。

おすすめ食材は・・・
・ブロッコリー
・オクラ
・小松菜
・にんじん
・かぼちゃ

上記の緑黄色野菜にプラスで・・・
・じゃがいも
・キャベツ
・かぶ
・れんこん
・さつまいも

などの淡色野菜をとると、さらに良いでしょう。
fruit-basket-396622_640
出典:https://pixabay.com/

積極的にとりたい食材を覚えておくことで、肌トラブルを防ぎましょう。


もりやまかなこ

もりやまかなこ
海外在住経験ありの30代主婦です。教育関係の仕事をしています。仕事も趣味も全力で!!読書もアウトドアも大好きです。学んできた文学・言語学・心理学を活かしていきたいです。色々なことに挑戦し続けていくのが目標です。

others 関連するまとめ

d8cbe7d21e0a187584287028b0100824_s

コーヒーは本当に味方になってくれるの?コーヒーと便秘の関係

コーヒーは便秘の味方になってくれることもありますが、敵となってしまうこともあります。便秘になってしまう理由にはタンニンやクロロゲン酸、利尿効果があり、便秘を治してくれる理由にはカフェインの刺激作用が挙げられます。

美容・健康

36f73ee25c31fe0b35df9e6b36f77e94_s

第一印象は歯で決まる?!気を付けていますか?歯のホワイトニング対策

これから出逢いの多いシーズン。キーポーイントは「白い歯」。歯のホワイトニング、気を付けていますか?

美容・健康

aefd773ae5345bd52a289a1633013fc0_s

最終ダイエット法はコレ!食べる前に○○を食べると科学的に痩せる!?

ダイエットを行う最適な方法は、食事の前に血糖値をあらかじめ上げておくことです。フルーツを食前に食べることで血糖値を挙げることができるますし、フルーツは身体によくデトックス効果もあるのでダイエットには最適ですね。

美容・健康

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s

同じものを食べても全然ちがう!ダイエットカウンセラーが教える”痩せる食べ方”とは

食べることを我慢せずにダイエットすることができたら素敵ですよね。実は、痩せる食べ方というものがあり、よく噛んで食べる、フルーツなどを先に食べておく、食後にカフェインを摂るなどの方法で、きちんと食べながら痩せることができるのです。

美容・健康