私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

傷みやすい夏もこれで安心。食中毒予防に良いお弁当対策ベスト5!

4708 view

食中毒が起こりやすい夏は食材を傷めないように対策をしなければなりません。

174480509_624_v1434872431
出典:http://photozou.jp/photo/show/316159/174480509

 

この暑い季節は食中毒が増えますよね。特にお弁当は危険です。食材を傷めない工夫をして、安心安全なお弁当を作りましょう。

ごはんには梅干しを混ぜる

Umeboshi
出典:https://en.wikipedia.org/wiki/
梅干しが食中毒を予防するというのは有名ですね。しかし、日の丸弁当では意味がありません。梅干しが触れている部分だけに効果があるので、真ん中に一粒のせるだけではダメなのです。

刻んで、ごはんに混ぜるのが良いでしょう。また大葉も梅干し同様効果がありますので、ごはんに混ぜてもOKです。

温かいまま入れない

朝は時間がないので、つい熱いまま食材を入れてしまいがちです。しかし、それは絶対にNG。菌が大繁殖してしまいます。食材は冷ましてからお弁当に入れるようにしましょう。特に茹で野菜などは多めの塩で茹でて、しっかり冷ましてから入れてください。

水分は大敵

水分の多い食材をそのまま入れると、菌が繁殖しやすいです。ほうれんそうのおひたしなど水分の多いものは、すりごまやかつおぶしなど水分を吸収してくれる食材と一緒に和え物にしましょう。水気を吸い取ってくれる乾燥食材はポイントアイテムです。

お酢でお弁当箱を拭く

お酢は殺菌効果があります。キッチンペーパーに少量のお酢を含ませて、お弁当箱の中全体を拭きましょう。これで細菌の繁殖を防げます。食品にも安全な抗菌スプレーなどで拭いてもOKです。アルコールスプレーなどが気になる人は、お酢の方が良いですね。

レモンやカレー粉を使う

Lemon
出典:https://commons.wikimedia.org/
食材の間にレモンを入れたり、肉を炒めるのにカレー粉を使用したりしましょう。どちらも傷みを防ぐものです。カレー粉には防腐作用があり、レモンには抗菌作用があります。仕切りに使うだけでも効果がありますので、ぜひ常備しておきましょう。

夏の食中毒対策には食材に注意する必要がありますね。今では、抗菌シリコンカップや抗菌シリコンの仕切りなども売っています。また、手軽に使用できる抗菌シートもありますので、食材に気を付ける+便利グッズで万全な対策を心がけると良いでしょう。


もりやまかなこ

もりやまかなこ
海外在住経験ありの30代主婦です。教育関係の仕事をしています。仕事も趣味も全力で!!読書もアウトドアも大好きです。学んできた文学・言語学・心理学を活かしていきたいです。色々なことに挑戦し続けていくのが目標です。

others 関連するまとめ

lgf01a201306081300

SNSは離婚を抑止することができる、最高のツールだった

SNSのおかげ…? 出典:http://free-photos.gatag.net/   人と人のコミュニケーションが希薄になっていることを伝える記事や情報において、度々非難の対象になるSNS。それでも毎日人々はSNSを使い、友人…

ライフスタイル

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

どれくらいのボディが理想的?女性の筋肉はどこまでありなの?

程良く筋肉のついたスレンダーな身体は、同性からはあこがれの眼で見られますよね。ですが、やりすぎると引くと言うような意見も。実際、鍛えられた腹筋はカッコいいですが、割れすぎは人気がないなど、ほどほどがちょうどいいようですね。

ライフスタイル

20172af990e51d6f4d87bb03dd128908_s

食後の仕事は辛い!なぜ食べた後に眠くなるのか?

食後に眠気が襲ってくるのは、誰しもが経験していることだと思います。その理由としては、満腹中枢の横にある睡眠中枢が刺激されているから、高血糖や低血糖の状態になっているからなどが考えられます。

ライフスタイル

a92824e91bf134fe7aefd737920a8bef_s

旅行中は食べても太りにくい!?心理が影響していた!

旅行中に食べすぎて困った!ということはありませんか?実は、旅行中は自律神経の働きや、運動量の多さから太りにくい身体になっているので、ダイエット中でも、たくさん食べて問題がないのです。

ライフスタイル