私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

愛妻家になる男性はこれだ!結婚したい男性のポイント3つ

8514 view

愛妻家になれる男性のポイントを見抜いて、素敵な結婚生活を♡

wedding-rings-608782_640
出典:https://pixabay.com/

結婚するなら、愛妻家の男性がいいですよね。奥さんを大切にしている男性を見ると、その夫婦がうらやましくなります。あるアンケート調査により判明した「愛妻家になれる男性のポイント」3つ紹介します。

①笑いや感動のツボを押さえてくれている

あなたの好きな映画や番組を知っていることが大切です。「これ好きだと思って・・・」とすすめてくれたDVDが的外れだったり、「この話面白いでしょ?」
と一生懸命してくれた話が劇的につまらなかったり・・・。

彼があなたの笑いや感動のツボを理解していないと、後々のトラブルの原因になるのです。最初は我慢ができていても、結婚してからとなると「実はそんなの好きじゃない!全然楽しくない!」と不満が爆発してしまいます。これは表面だけ見て、あなたをきちんと理解してくれていないことと繋がります。

しかし、あなたのツボをしっかり押さえてくれている男性は、あなたのことをしっかり見ているという証拠。愛情をはかるひとつのポイントとなります。世の愛妻家の男性は、このツボをしっかり押さえてくれているようです。
無題
出典:https://www.pakutaso.com/

②行きたい場所がわかっている

妻に深い愛情を注いでいる男性ほど、パートナーの行きたい場所を熟知してるのです。どこへ行きたいか言わなくても、楽しいところへ連れて行ってくれる男性は愛妻家要素が非常に高いです!たまの休日に、全く興味のない場所へ連れて行かれてもストレスになるだけですよね。

二人で楽しめる場所を提案してくれる人は、愛妻家としてGOOD♡
love_sky___cielo_del_amor_by_cosasdekike
出典:http://cosasdekike.deviantart.com/

③怒っている原因をすぐ理解する

女性が怒っているとき、男性が「なんで怒っているのかわからない」というのをよく聞きます。パートナーがどんなことをしたら怒るのか、何を言ったら機嫌が悪くなるのか。このポイントを理解していない男性はアウトです。

会うたびにけんかになってしまう原因は彼の発言や行動にありませんか。相手をイラッとさせるきっかけがわかっていないと、けんかが絶えません。

「○○をしたから怒っている。」「○○をすると、怒らせてしまう。」というのがわかっている男性は愛妻家になること間違いなし。妻の気持ちをきちんと考えてくれている証拠です。

結婚するなら、このポイントを押さえた男性がいいですね。この3点がそろっている彼をお持ちのあなた。素敵な愛妻家男性を逃さないように気を付けてください。そして、愛妻家の旦那様をお持ちのあなた。すばらしい旦那様ですから、もっと優しくしてあげましょう。


もりやまかなこ

もりやまかなこ
海外在住経験ありの30代主婦です。教育関係の仕事をしています。仕事も趣味も全力で!!読書もアウトドアも大好きです。学んできた文学・言語学・心理学を活かしていきたいです。色々なことに挑戦し続けていくのが目標です。

others 関連するまとめ

ae725af146f3996be05c9b0562efa539_s

本気であればあるほど辛い?辛い失恋から立ち直る方法5つ

本気であればあるほど、立ち直ることができないような失恋を経験してしまうこともあります。そんなときは、自分磨きに精を出す、女友達と遊びまわる、一人旅をするなどの方法で立ち直ることができますよ。

恋愛

10c16be3fd8d86ca0bd3077890aaced3_s

そんなところで?チャラい女の子と判断される盲点ポイント8つ

チャラい女性と付き合うのは嫌という男性は少なくありません。チャラい女性を見分けるためには、汚い靴、ごちゃごちゃの鞄、字の綺麗さ、姿勢の悪さやお酒の量などを基準にして女性をチェックしてみてください。

恋愛

lgf01a201411270900

「交際0日」での結婚、アリ?ナシ?

いきなり結婚、できる? 出典:http://free-photos.gatag.net/   交際期間を省いていきなり結婚してしまう「交際0日」婚。 堀北真希さんと山本耕史さんの結婚で話題になったのは記憶に新しいかと思います。 そ…

恋愛

lgf01a201306271700

男性が元カノをフッたことを後悔する瞬間8つ

別れなきゃよかった… 出典:http://free-photos.gatag.net/   フラれて終わった恋ならば、引きずる気持ちは分かりますが、フッた側であってもそんな自分を後悔してしまうことだって、稀にあるんだとか。 一体ど…

恋愛