私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

実は本当は目が大事!今すぐ始めよう”目”の紫外線対策で健康な目を守ろう!

2381 view

目の紫外線対策をして、目を病気の危険から守りましょう。

b11c42fadf3a4bc0e861c15f7449e27a_s
出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/105285?title=

 

顔や体は日焼け止めや長袖の服、日傘で対策しています!という方はたくさんいると思います。では、目の紫外線対策はしていますか?
肌と同じように、目にも紫外線が入ってきます。紫外線を多く浴びると、病気や障害を引き起こす可能性があります。
急に症状が現れる「結膜充血」、「紫外線角膜症」といった障害や、「白内障」等の老眼となる慢性的な障害があります。
空から降り注ぐ紫外線だけでなく、道路や窓からの照り返しの紫外線にも注意しなければなりません。毎日の紫外線対策で、目の病気や早期老眼を未然に防ぎましょう。

目の紫外線対策は一年中必要!

通常は、一年を通して紫外線の肌に及ぼす影響のピークは夏の昼間とされています。しかし、日に角度がある朝・夕の方が紫外線が目に入りやすいのです!
冬の紫外線が肌に与える影響は夏に比べて10%程度になり大きく減りますが、目に入る紫外線量は50%程度しか減りません。さらに、冬は太陽が低く出るので、目に直接紫外線が入りやすくなってしまいます。
つまり、目は季節を問わず1日中紫外線を浴びていることに…。目の紫外線対策は一年中必要ということですね!

紫外線から目を守るアイテムはこれ!

メガネ・サングラス
顔の形に合ったものを選びましょう。色付きのサングラスもレンズが透明なメガネも効果は同じようにあります。
サングラスは可視光もカットしてくれますが、着用時に瞳孔が開いてしまうので注意!隙間から入ってきた紫外線がダイレクトに瞳の奥に入ってしまうかも。試着をして選んでくださいね。

コンタクトレンズ
UVカットのものを選びましょう。メガネやサングラスで防ぎきれない”隙間からの紫外線”の対策にも最適。
UVカット率はコンタクトレンズの製品によって違うので確認してみましょう。

帽子
つばの大きい帽子を選びましょう。つばが短すぎると、効果はほとんどありません。
目も紫外線から守ってくれる、大きめのつばのものにしましょう。

子供の目も守ってあげて!

大人よりも子供の方が、外で遊ぶ機会が多いですよね。さらに、身長の低さから反射による紫外線も多く受けます。
子供の瞳の水晶体は大人に比べて透明度が高いので、紫外線を目の奥に通しやすくなっています。帽子を被せる等して気を付けてあげましょう。

 


yuri

yuri
現在2人目を妊娠中!出産の経験の記事など女性特有の悩みについて 経験を活かして記事を書いています^^

others 関連するまとめ

d8cbe7d21e0a187584287028b0100824_s

コーヒーは本当に味方になってくれるの?コーヒーと便秘の関係

コーヒーは便秘の味方になってくれることもありますが、敵となってしまうこともあります。便秘になってしまう理由にはタンニンやクロロゲン酸、利尿効果があり、便秘を治してくれる理由にはカフェインの刺激作用が挙げられます。

美容・健康

36f73ee25c31fe0b35df9e6b36f77e94_s

第一印象は歯で決まる?!気を付けていますか?歯のホワイトニング対策

これから出逢いの多いシーズン。キーポーイントは「白い歯」。歯のホワイトニング、気を付けていますか?

美容・健康

aefd773ae5345bd52a289a1633013fc0_s

最終ダイエット法はコレ!食べる前に○○を食べると科学的に痩せる!?

ダイエットを行う最適な方法は、食事の前に血糖値をあらかじめ上げておくことです。フルーツを食前に食べることで血糖値を挙げることができるますし、フルーツは身体によくデトックス効果もあるのでダイエットには最適ですね。

美容・健康

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s

同じものを食べても全然ちがう!ダイエットカウンセラーが教える”痩せる食べ方”とは

食べることを我慢せずにダイエットすることができたら素敵ですよね。実は、痩せる食べ方というものがあり、よく噛んで食べる、フルーツなどを先に食べておく、食後にカフェインを摂るなどの方法で、きちんと食べながら痩せることができるのです。

美容・健康