私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

夏こそ危ない!女性の体は「冷えやすい構造」になっていた!

5289 view

夏なのに冷え症で悩む方必見!冷えと女性の体の深〜い関係と、オシャレな対策をご紹介します。

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

出典:http://www.photo-ac.com/main/

 

冷房が効きすぎて、夏なのに手足が冷たい…この時期そんなお悩みも多いのでは?実は成人女性の2人に1人が冷え症と言われています。そもそも冷え症は、なぜ男性に比べて女性に多いのでしょうか。

女性が冷えやすい理由

◆月経・子宮・卵巣がある
私たちの体が作り出す熱は、血液を通して全身に運ばれます。月経のときは、多量の血液が奪われるため、冷えやすいのです。また女性には男性にない子宮や卵巣などの内蔵があり、特に血液が滞りやすいと言われています。

◆筋肉が少ない・脂肪が多い
体が作り出す熱の約4割は筋肉によるものです。筋肉が動くことで熱がつくられて、体温が保たれています。女性は男性より筋肉が少なく、筋肉がつきにくい構造になっており、熱を作り出す力が弱いです。また女性は男性に比べて体に脂肪が多くあります。

妊娠・出産時に保護する役割があるためです。ただこの脂肪は一度冷えてしまうと元の温かさに戻りにくい性質があり、冷えの一因になります。

◆女性ホルモンの乱れ
女性ホルモンのバランスが崩れると、体温を調節する働きがある自律神経も乱れてしまい、血行が悪くなります。女性が経験する月経・妊娠・出産時は、女性ホルモンが大きく変化する時なので、冷え症になる女性が多いそうです。

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s

出典:http://www.photo-ac.com/main/

夏は「薄着・ダイエット」も要注意!

夏はノースリーブにショートパンツとサンダル、流行のビスチェでへそ出しスタイルも可愛いですよね。でも、そうしたファッションは体を冷えやすくしています。体型をスリムに見せるように体を締め付けるキツイ下着の着用は、血行を悪くするため、冷え症が悪化するので気をつけましょう。

ダイエットも気になる時期ですが、食べる量を極端に少なくしたり、野菜だけの偏った食事を続けていると、栄養不足になってしまい、体のエネルギーが作られなくなります。栄養不足は貧血にもつながり、冷えを悪化させます。

夏こそオシャレに冷え対策♡

冷えるのは嫌だけど、夏のオシャレも楽しみたい!この夏流行のスニーカーやスリッポンは靴下を履けてしっかり足元を守ってくれます。

ノースリーブもカーディガンを肩からかければ、冷房の効いた場所でもすぐに着ることができます。ショートパンツをガウチョパンツに変えるだけでも冷え対策になります。

150703hyw2_12
ウエストタックガウチョパンツ(グリーン)/レディース・ガールズファッション通販サイト STYLENANDA

出典:http://jp.stylenanda.com/

冷えにくい体づくり、オシャレに始めましょう♡


nameko

nameko
新鮮なマイナスイオンを浴びながら、スローライフを楽しむ子育てママ。田舎も好きだけど、海外も好き。新しいモノ・体に良いコトも大好き。

others 関連するまとめ

d8cbe7d21e0a187584287028b0100824_s

コーヒーは本当に味方になってくれるの?コーヒーと便秘の関係

コーヒーは便秘の味方になってくれることもありますが、敵となってしまうこともあります。便秘になってしまう理由にはタンニンやクロロゲン酸、利尿効果があり、便秘を治してくれる理由にはカフェインの刺激作用が挙げられます。

美容・健康

36f73ee25c31fe0b35df9e6b36f77e94_s

第一印象は歯で決まる?!気を付けていますか?歯のホワイトニング対策

これから出逢いの多いシーズン。キーポーイントは「白い歯」。歯のホワイトニング、気を付けていますか?

美容・健康

aefd773ae5345bd52a289a1633013fc0_s

最終ダイエット法はコレ!食べる前に○○を食べると科学的に痩せる!?

ダイエットを行う最適な方法は、食事の前に血糖値をあらかじめ上げておくことです。フルーツを食前に食べることで血糖値を挙げることができるますし、フルーツは身体によくデトックス効果もあるのでダイエットには最適ですね。

美容・健康

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s

同じものを食べても全然ちがう!ダイエットカウンセラーが教える”痩せる食べ方”とは

食べることを我慢せずにダイエットすることができたら素敵ですよね。実は、痩せる食べ方というものがあり、よく噛んで食べる、フルーツなどを先に食べておく、食後にカフェインを摂るなどの方法で、きちんと食べながら痩せることができるのです。

美容・健康