私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

冬に起きられないのは、寒さのせいじゃなかった!

3829 view

寒いと布団が恋しくなりなかなか起きられないこと…ありますよね。

でもそれ、実は寒さだけが原因じゃなかったんです!

lgf01a201408111000

出典:http://free-photos-ls04.gatag.net/

 

ちょっとした工夫ですっきりとした朝が迎えられるポイントも一緒にご紹介します!

何故冬は起きられない?その秘密。

lgf01a201409041500
出典:http://free-photos-ls04.gatag.net/

寒い冬、もう布団に入って冬眠していたい!と思いますよね。でも仕事や学校、家事や用事などがあって、眠っていたくても眠っているわけにはいかないのが現実です。
そもそも、なぜ冬になると眠くなるかというと、冬は日照時間が短く、さらに太陽の光が遠く弱い為、太陽の周期によりリセットされるはずの体内時計がうまくリセットされずホルモンバランスなどが崩れやすくなり、また、寒さで血行不良になり、睡眠が浅くなるため、疲れもなかなか解消できず、長く眠ってしまうのではないかと言われています。

寒い季節を乗り切るために、眠る前にできる事

lgf01a201306121500
出典:http://free-photos-ls04.gatag.net/

夜いくら忙しくてもシャワーだけで済ませず、しっかり湯船につかって体を温め、体の血行を良くすることがポイントとなります。お湯の温度も熱過ぎると逆に目がさえてしまう為、38℃~40℃のお湯でゆっくり湯船につかり、体の芯までしっかりと温める事がポイントです。
また、眠る一時間前はスマホやパソコンなどの使用を控え、脳をしっかり休ませてあげましょう。
あとは眠る前に朝目覚める前に体温を上げるように、目が覚める30分前に部屋が温かくなるようエアコンやヒーターをセットすると、部屋が温まり、体の血行も良くなる為目覚めやすくなります。

朝寝起きに簡単に出来る事

lgf01a201411291500
出典:http://free-photos-ls04.gatag.net/

手が届くような場所に窓があるならば、カーテンを開けて光を部屋の中に入れましょう、もし近くに窓がない、もしくは夜が明ける前に起きるようなら、室内の照明をつけ光を浴びましょう。携帯でメールのチェックをするなどしても脳が目覚めるので良いでしょう。
また、手の先や足の先などの末端が冷えてしまっていることも多いので、足先などを手でマッサージしていると、血行が良くなり起きやすくなります。軽く布団の中で伸びをしたり、ストレッチなどをして体を伸ばしたり、ヨガで言う「猫のポーズ」をするなども効果的です。

lgf01a201411270300
出典:http://free-photos-ls04.gatag.net/

寒い季節、出来るだけすっきり起きて遅刻なんて無いように過ごしたいものですね、ちょっとした一工夫で防止できるので、皆様も試してはいかがでしょうか?


上月木乃

上月木乃
旅行・グルメ・健康・美容系の記事を書くのが好きな駆け出しライターです。写真撮影・イラストも描けます。宜しくお願い致します。

others 関連するまとめ

lgf01a201306081300

SNSは離婚を抑止することができる、最高のツールだった

SNSのおかげ…? 出典:http://free-photos.gatag.net/   人と人のコミュニケーションが希薄になっていることを伝える記事や情報において、度々非難の対象になるSNS。それでも毎日人々はSNSを使い、友人…

ライフスタイル

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

どれくらいのボディが理想的?女性の筋肉はどこまでありなの?

程良く筋肉のついたスレンダーな身体は、同性からはあこがれの眼で見られますよね。ですが、やりすぎると引くと言うような意見も。実際、鍛えられた腹筋はカッコいいですが、割れすぎは人気がないなど、ほどほどがちょうどいいようですね。

ライフスタイル

20172af990e51d6f4d87bb03dd128908_s

食後の仕事は辛い!なぜ食べた後に眠くなるのか?

食後に眠気が襲ってくるのは、誰しもが経験していることだと思います。その理由としては、満腹中枢の横にある睡眠中枢が刺激されているから、高血糖や低血糖の状態になっているからなどが考えられます。

ライフスタイル

a92824e91bf134fe7aefd737920a8bef_s

旅行中は食べても太りにくい!?心理が影響していた!

旅行中に食べすぎて困った!ということはありませんか?実は、旅行中は自律神経の働きや、運動量の多さから太りにくい身体になっているので、ダイエット中でも、たくさん食べて問題がないのです。

ライフスタイル