私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

同じものを食べても全然ちがう!ダイエットカウンセラーが教える”痩せる食べ方”とは

11949 view

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s

出典:http://www.photo-ac.com/

 

食べても太らない、というのは女性にとっては羨ましい体質です。食欲を我慢せずにダイエットすることができたら素敵ですよね!ダイエット中でも、食欲が抑えられずに困っている人のために、痩せる食べ方をご紹介したいと思います。

普段と同じ量を食べても、痩せる、というのはどういうことなのでしょうか。具体的に見てみることにしましょう。

1、よく噛んで食べる

ダイエットをするためには、よく噛んで食べることが大切だと言われていますよね。これはなぜなのでしょうか。実は、よく噛んで食べることでセロトニンというホルモンが分泌されやすくなるのです。セロトニンは満腹中枢を刺激するホルモン。

つまり、よく噛んで食べることで、満腹を感じるのが早くなるのですね。満腹以上に食べるのは辛いですから、早く満腹が訪れてくれるのは嬉しいところ。

少ない量で満足したいと思っている時には、いつもより多めに噛んでご飯を食べるようにしてください。

2、ゆっくり談笑しながら、食べる

87f269f41917762ce6a7978542807023_s

出典:http://www.photo-ac.com/
痩せる食事をするためには、ゆっくりと話をしながら食べることも必要です。一人で「おいしい」と思うこともなく食べ終わってしまっては、満腹感を感じることはありません。

誰かと一緒に話をしながら 食事を楽しむことで、心が満たされた気分になることができます。物理的な満腹感だけではなく、楽しい食事をすることで心理的な満腹感を得ることができ、このおかげで食べたのが少量でも満足した気になることができるのです。

3、食べ始めから終わりまで20分くらい時間をかけよう

あまりに食べるのが早いと、満腹中枢が動き始めるのが間に合いません。満腹中枢は脳の視床下部というところにあり、お腹がいっぱいになると、食べたいという気持ちを抑えるような働きをしてくれます。

ですが、あまりに食べるのが早いと、満腹中枢の「もう食べなくて良いよ」という指令が遅れてしまうのです。その結果、「食べても食べても食欲がおさまらない」状態に。満腹を感じるまで食べ続けた結果、食べすぎてしまうような事態が起こるのです。

血糖値が上がったことにより、満腹中枢が正常に働いて指令を出すためには20分ほどかかります。ですから、食べ始めから食べ終わりまでは20分くらいは時間をかけるようにしましょう。

4、目の前の食事の話で盛り上がるとなお満腹感が得られて◎

その際目の前の食事の話で盛り上がると、食事の後に「食べた!」という気持ちになることができます。満腹感には物理的な満腹感と、心理的な満腹感があります。

食事の話をすることで、食べたんだという実感がわきます。このことで、物理的な満腹感が心理的な満腹感と一緒になり、相乗効果で全体の満腹感が大きくなりますよ。

5、食物繊維を多く含むものから食べることで満腹感を得られる

食物繊維は、お腹の中で膨れるので、お腹がいっぱいに感じます。ダイエットフードには、少しの量でお腹をいっぱいにするために、食物繊維が含まれていることが多いんですよ。

食物繊維を多く含むものを先に食べると、お腹の中で膨らんで満腹を感じるのが早くなります。食物繊維を多く含む食べ物には、バナナや海草類、野菜類に多く含まれています。肉や魚には含まれていないので気を付けて下さいね。

6、フルーツなどを食事前に摂取

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

出典:http://www.photo-ac.com/
血糖値が上がると、満腹中枢が刺激されることは上記で紹介した通りです。これを利用して、事前に血糖値を上げておくことで、満腹中枢の刺激を早めるという方法もありますよ。

食事前にある程度の血糖値を上げることで、満腹中枢が働きだすのは早くなります。ですが、そのために甘いお菓子などを取ってはダイエットになりません。

血糖値を上げ、カロリーが低いものを摂取することが大事。それにはフルーツが最適でしょう。もしくは、板チョコをほんの一口、というのが良いかもしれません。どちらにしても、食べすぎは厳禁。少し食べて、血糖値の緩やかな上昇を助けてあげましょう。

7、食後にカフェインを摂り、脂肪分解を助ける

1bd29449d6e238e8b0cfe2677580b5aa_s

出典:http://www.photo-ac.com/
カフェインには、脂肪分解を助けるような働きがあります。血糖値が上がると、身体は血液の中の糖分を脂肪として蓄えてしまいますので、蓄えてしまった脂肪分解を促進してあげることは大事。

脂肪をエネルギーとして分解する能力を助けるのが、カフェインなのです。食後にコーヒーや紅茶を飲んで一息つくのは、そうした意味もあるのでしょう。

いかがでしたか?痩せる食事をするには、上記を意識することが大切です。食事を抜いて不健康に痩せるのではなく、食事をしながら健康的にダイエットすることも大切ですね。


Kris

Kris
楽しいことが好きな20代独身女子です。趣味は料理や人間観察で、最近は舞台鑑賞に夢中。いつでもポジティブに生きるのがモットーです。

others 関連するまとめ

d8cbe7d21e0a187584287028b0100824_s

コーヒーは本当に味方になってくれるの?コーヒーと便秘の関係

コーヒーは便秘の味方になってくれることもありますが、敵となってしまうこともあります。便秘になってしまう理由にはタンニンやクロロゲン酸、利尿効果があり、便秘を治してくれる理由にはカフェインの刺激作用が挙げられます。

美容・健康

36f73ee25c31fe0b35df9e6b36f77e94_s

第一印象は歯で決まる?!気を付けていますか?歯のホワイトニング対策

これから出逢いの多いシーズン。キーポーイントは「白い歯」。歯のホワイトニング、気を付けていますか?

美容・健康

aefd773ae5345bd52a289a1633013fc0_s

最終ダイエット法はコレ!食べる前に○○を食べると科学的に痩せる!?

ダイエットを行う最適な方法は、食事の前に血糖値をあらかじめ上げておくことです。フルーツを食前に食べることで血糖値を挙げることができるますし、フルーツは身体によくデトックス効果もあるのでダイエットには最適ですね。

美容・健康

ta-mem

カレーだけじゃもったいない!二日酔い・美肌の強い味方ターメリック活用法★

カレーだけじゃない! ターメリックは二日酔い&美肌のつよーい味方だったんです!

美容・健康