私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

あなたのスキンケアは正解?今からでもすぐ変えられる5つのポイント

16110 view

簡単に毎日のスキンケアスキルを高めませんか。

1f5163f725ff26c75d7bd069db5e6717_s
出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/128683?/main/detail/128683=&title=

 

毎日のスキンケア…なんとなくやっていませんか?せっかくの時間と手間ですから、やり方を少し変えて美容の効果をアップさせましょう。簡単に変えられるポイントを5つ紹介します。

①クレンジングは1分以内が目標!

クレンジングはメイクを落とす大切な工程ですが、アイメイクと肌のメイクを分けて落とすのは面倒!と言う人にはせめてこれを実践してもらいたいです。クレンジングを1分で終わらせましょう!メイクを落とすのは大切ですが、クレンジングのしすぎは肌に負担を与え、潤いを奪ってしまうこともあります。「確実にきれいに」が前提ですが、1分以内に終えるようにしましょう。

②洗顔の水温を見直して!32度前後が理想的

洗顔の水温と回数についてポイントを押さえましょう。シャワーを浴びながらメイクを落とす人、洗顔する人は水温が熱くなりがちです。人の体温は36度ちょっとなので、肌の表面の温度は32度前後とのこと。洗顔の水温が熱すぎると、肌の潤いを失い大きなダメージとなるので注意!

③化粧水は手よりもコットンが効果あり

敏感肌の人は、物質的な摩擦によって炎症を起こすことがあるので手で化粧水を付けます。敏感肌でない人は、コットンを使いましょう。手で化粧水を付けると、手に水分が取られムラになってしまいます。コットンに化粧水を取り、優しくなでるように付けましょう。パッティングのし過ぎや、こすり過ぎには気を付けてください。

④乳液は擦り込まないで!

乳液を塗る時、保湿効果を期待してしっかりと塗り込む人がいますがNGです。擦り込まなくても十分浸透するので、一通り塗った後はテカリが消えるのを待つだけです。皮脂の多い箇所の重ね塗りもしないでおきましょう。

⑤クリームの付け過ぎは大NG

保湿保湿…とクリームを塗り過ぎると、肌が自分の保湿力を発揮できなくなります。乾燥やしわ、たるみの原因にもなります。乳液と同様に塗り過ぎないようにしてください。

正解はいくつありましたか?美肌作りのために、今日から実践してみてください♪


asm1220

asm1220
田舎暮らしの20代主婦♪ 趣味のパン作りや美活に励んでいます。 今は料理のレパートリーを増やすべく奮闘中! 公務員から美容販売員に転職経験あり

others 関連するまとめ

d8cbe7d21e0a187584287028b0100824_s

コーヒーは本当に味方になってくれるの?コーヒーと便秘の関係

コーヒーは便秘の味方になってくれることもありますが、敵となってしまうこともあります。便秘になってしまう理由にはタンニンやクロロゲン酸、利尿効果があり、便秘を治してくれる理由にはカフェインの刺激作用が挙げられます。

美容・健康

36f73ee25c31fe0b35df9e6b36f77e94_s

第一印象は歯で決まる?!気を付けていますか?歯のホワイトニング対策

これから出逢いの多いシーズン。キーポーイントは「白い歯」。歯のホワイトニング、気を付けていますか?

美容・健康

aefd773ae5345bd52a289a1633013fc0_s

最終ダイエット法はコレ!食べる前に○○を食べると科学的に痩せる!?

ダイエットを行う最適な方法は、食事の前に血糖値をあらかじめ上げておくことです。フルーツを食前に食べることで血糖値を挙げることができるますし、フルーツは身体によくデトックス効果もあるのでダイエットには最適ですね。

美容・健康

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s

同じものを食べても全然ちがう!ダイエットカウンセラーが教える”痩せる食べ方”とは

食べることを我慢せずにダイエットすることができたら素敵ですよね。実は、痩せる食べ方というものがあり、よく噛んで食べる、フルーツなどを先に食べておく、食後にカフェインを摂るなどの方法で、きちんと食べながら痩せることができるのです。

美容・健康