私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

乳がんは自分で見つけられるただひとつのがんです

4021 view

乳がんを知ろう。そして未来の自分の命を守ろう。

AI_IMG_7772500-thumb-1200x800-5622

出典:https://www.pakutaso.com/=

アンジェリーナ・ジョリーが乳がん予防のために、両方の乳房を切除したことは記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。乳がんは、発見が早ければ通院で治る場合もあり、発見が遅くなれば手術をしても亡くなってしまう病気です。ただし、乳がんは唯一自分で見つけられるがんです。他人事とは言わずにこの機会に乳がんについて考えてみませんか。今日の一歩があなたの未来を救うかもしれないのです。

乳がんに罹る人数、死亡数と発症率について

日本国内では年間5万人以上が乳がんに罹り、うち1万人以上が亡くなっています。また、一生の間に乳がんに罹る確率は14人に1人とされています。30代から増加しはじめ、40~50代が発症のピークです。 また、20代でも発症し亡くなっている方がいます。若い世代では特に進行が早い傾向があります。そのため、すべての年代において女性であれば注意が必要となります。

PPW_aoihana500-thumb-260xauto-647
出典:https://www.pakutaso.com/=

セルフチェックをしてみましょう

乳がんは唯一自分で見つけられるがんと述べました。そこで、セルフチェックの方法についてご案内します。乳房の張りや痛みのない、生理が終わる4~5日後に毎月行うのが良いようです。閉経後の方は毎月、日にちを決めて行ってください。乳がんのできやすい箇所は外側上部が約半数を占めており、次点で内側上部が多くなっています。見て確認と触って確認が必要となりますので、入浴前に行うことをおすすめします。

まずは、鏡の前で両腕を上げて全体を見ます。左右の乳房に大きさの違いがないか、乳房と乳首が変形していたり、くぼんでいる箇所がないか、湿疹やただれがないか調べます。次に、石鹸等をつけて、左乳房は右手で、右乳房は左手で、親指以外の指を揃えて10円玉大の「の」の字を書くように脇の下から乳首まで指を動かします。最後に、左右の乳首を軽くつまんで分泌物が出ないか調べます。

結果、気になる症状があれば乳腺外科等の専門医を受診してください。

乳がんの予防法

乳がん発生は肥満が原因のひとつと言われています。そこで予防法として肥満の解消が挙げられます。肥満はがん以外でも生活習慣病の原因となる場合がありますので、日常生活で肥満にならないように気をつけることが大事です。肥満の解消と言うと運動をしなければならないような気持ちになり、考えただけで億劫になる方もいらっしゃると思いますので、負担が少ない対策を長く続けられることが乳がん予防へと繋がると考えます。

まずは、すぐはじめられる普段の食事を見直すことからはじめてみましょう。乳がんは飽和脂肪酸を多く摂った女性に好発するというデータがあるようです。飽和脂肪酸はバターやチーズ、脂身の多い肉や加工食品に多く含まれています。極端にそれらの摂取をしない、となると厳しくなりますので、意識して多く摂りすぎないようにしましょう。反対に、イソフラボンを多く摂ることで乳がんの発症が減ることが確かめられています。

みなさまご認識のように、イソフラボンは豆腐や納豆、味噌汁に多く含まれています。これらの大豆食品を毎日食べる女性では、乳がん発生率が2割ほど低くなるという研究結果もあるようです。

また、さんま、さば、いわしなどの魚に含まれるn-3脂肪酸という栄養素の摂取も乳がんのリスクを低下させるようです。 摂取を控える食品、増やす食品を見てみると和食のレシピに取り入れやすい食品が多いようです。食生活の西洋化や欧米化も乳がん増加の原因となっているようですので、 和食のレシピを充実させて乳がんを抑える食品をぜひ毎日の食事に摂り入れていきましょう。

病院の検査代や乳がん検査について

20歳、30歳代については、セルフチェックを行って気になることがあった場合は専門医を受診しましょう。40歳代は自治体から通知が来ますので、無料で受けることができますし簡単な研修が受けられる自治体もあるようですので、積極的に検診を受けましょう。

検診内容は、保健師等との問診、医師との問診、触診、エコー、マンモグラフィとなります。エコー検査は上半身裸になりジェル(超音波を体内に浸透させるジェル)を乳房に塗ってプローブ(深触子)という棒で乳房をなでるように調べていきます。

ジェルは人肌に暖められていることがほとんどですし痛みのない検査です。マンモグラフィは、乳房X線検査ですのでこちらも上半身裸になりX線撮影をします。この際に乳房を一瞬おせんべいのような薄さまでつぶされますので、それ相応の痛みのある検査です。

おせんべいの薄さまで押しつぶす、と聞くと怖いですが一瞬ですので覚悟を決めてがんばりましょう。一瞬です。大丈夫です。 自治体での検査を受けられなかったりその他の事情で病院で検査を受ける場合の費用は、エコーが3,500円前後、マンモグラフィが5,000円前後、そして触診代がかかります。合計10,000円程で受けられるでしょう。

N612_nanohanatokazoku500-thumb-260xauto-1635

出典:https://www.pakutaso.com/=

日々の生活はいろんなことがあり、今が健康であれば自分の身体のメンテナンスまで頭が回らないでしょう。気がついても時間がなければ後回しにしてしまいがちではないでしょうか。働いている女性であれば、せっかくの休みを検診にあててしまうなんでなんだかもったいない、と考えてしまうのも無理はありません。

乳がん検診を受けて自分の身体を知ることは、未来の自分の命を守ることなのです。それは、自分だけでなく自分の大事な人に悲しい思いをさせないことでもあるのです。最終的には病気知らずのぴんぴんころりを目標として、健康な身体で自分と自分の周りの大事な人たちと末永くしあわせに生きたいですね。


さくら あさひ

さくら あさひ
0歳児の子育てに奔走する30代後半の主婦です。出産前は残業も多い職場で働いていました。現在は打って変わって専業主婦となり明るく平和に毎日を過ごしたいと考えるようになりました。人って変わるものですよね。

others 関連するまとめ

d8cbe7d21e0a187584287028b0100824_s

コーヒーは本当に味方になってくれるの?コーヒーと便秘の関係

コーヒーは便秘の味方になってくれることもありますが、敵となってしまうこともあります。便秘になってしまう理由にはタンニンやクロロゲン酸、利尿効果があり、便秘を治してくれる理由にはカフェインの刺激作用が挙げられます。

美容・健康

36f73ee25c31fe0b35df9e6b36f77e94_s

第一印象は歯で決まる?!気を付けていますか?歯のホワイトニング対策

これから出逢いの多いシーズン。キーポーイントは「白い歯」。歯のホワイトニング、気を付けていますか?

美容・健康

aefd773ae5345bd52a289a1633013fc0_s

最終ダイエット法はコレ!食べる前に○○を食べると科学的に痩せる!?

ダイエットを行う最適な方法は、食事の前に血糖値をあらかじめ上げておくことです。フルーツを食前に食べることで血糖値を挙げることができるますし、フルーツは身体によくデトックス効果もあるのでダイエットには最適ですね。

美容・健康

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s

同じものを食べても全然ちがう!ダイエットカウンセラーが教える”痩せる食べ方”とは

食べることを我慢せずにダイエットすることができたら素敵ですよね。実は、痩せる食べ方というものがあり、よく噛んで食べる、フルーツなどを先に食べておく、食後にカフェインを摂るなどの方法で、きちんと食べながら痩せることができるのです。

美容・健康