私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

うちの子もバイリンガルになれるかも!?0歳から英語を始めよう!

1935 view

最近では英語を習い始める年齢がどんどん早くなっています。0歳から始められる英語学習方法から最近のインターナショナルスクール事情などをご紹介!

baby-444950_1280

出典:http://pixabay.com

 

小学校での英語教育が義務化になり、今では小学生だけではなく小さいうちから英語を習う子供がどんどん増えています。また、首都圏や大阪を中心に全国にも1歳から通えるインターナショナルスクールが増えているとか。小さいうちから英語に触れ合う方法を紹介します。

”英語耳”への黄金期は0〜3歳がピーク!

baby-428395_1280

出典:http://pixabay.com/

人間の耳は、言語環境によって育てられ、幼児期までにほぼ完成します。ですから、英語の正確な聞き取りや発音ができる「英語耳」を持った子供に育てるためには小さい頃からできるだけ多くの英語をあびさせてあげることが必要です。

0歳からはじめられる英語教育

最近では、赤ちゃん用の英語教材がたくさんありますよね。CDやDVDが絵本と連動しているものや、特別なペンでテキストをタッチすると英語が流れたりと子供が興味を持つしかけがたくさんあります。

letters-425001_1280

出典:http://pixabay.com/

CDやDVDはまだ内容がわかっていない赤ちゃんにも、
繰り返し聞かせたり見せたりすることで英語耳を鍛えられることができます。教材を買わなくても、まずは英語のCDやディズニーなどのDVDでも”英語を聞かせる”ということには変わりないので気軽に始められます。

かわいいキャラクターと一緒に0歳から楽しく始められたり、全国で連動するイベントが開催されたりするのでおすすめです。

 

遊び感覚で楽しみながら英語とふれあえる英語教室

最近では、有名な英会話スクールでは子供コースがあるのは当たり前になってきています。また子供専用の英会話スクールや個人が経営する教室など増えてきています。まずは、お天気、気持ち、色やフルーツの名前などから学んでいくところが多いそうです。

料金は1ヶ月あたり6000〜10000円ほどが相場で、1人で歩ける1歳半くらいから通えるところが多くなっています。まずはお試し体験に行ってみるのもおすすめです。

 

インターナショナルスクールってどんなところ?

最近では、日本で生活するための日本人のために作られたインターナショナルスクールも首都圏を中心にどんどん広がっています。クラスの担任の先生はネイティブで教室または敷地内では英語で生活します。幼稚園や保育園の変わりに通うことになるので、平均1日5〜6時間、週2日〜5日を過ごすので、子供同士の会話も英語で行われるほど。

large

出典:http://weheartit.com

日本人の先生やスタッフももちろん常勤しているので、英語が得意でないパパやママも安心して通わせることができます。保育料は預ける時間や日数によって変わってきますが、通常の私立幼稚園の3〜4倍ほどが相場ですが、幼稚園や保育園+英語教室と考えるとそこまで高くはないのかもしれませんね。

 

東京オリンピック開催も決まっていますし、ぜひ幼児期から英語教育をはじめてみてはいかがですか?


yukamitu

yukamitu
女の子を育てながら、自分の趣味を楽しむことも忘れずにエンジョイしています!美味しいものとくにスイーツ大好きのアラフォーママです。

others 関連するまとめ

lgf01a201306081300

SNSは離婚を抑止することができる、最高のツールだった

SNSのおかげ…? 出典:http://free-photos.gatag.net/   人と人のコミュニケーションが希薄になっていることを伝える記事や情報において、度々非難の対象になるSNS。それでも毎日人々はSNSを使い、友人…

ライフスタイル

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

どれくらいのボディが理想的?女性の筋肉はどこまでありなの?

程良く筋肉のついたスレンダーな身体は、同性からはあこがれの眼で見られますよね。ですが、やりすぎると引くと言うような意見も。実際、鍛えられた腹筋はカッコいいですが、割れすぎは人気がないなど、ほどほどがちょうどいいようですね。

ライフスタイル

20172af990e51d6f4d87bb03dd128908_s

食後の仕事は辛い!なぜ食べた後に眠くなるのか?

食後に眠気が襲ってくるのは、誰しもが経験していることだと思います。その理由としては、満腹中枢の横にある睡眠中枢が刺激されているから、高血糖や低血糖の状態になっているからなどが考えられます。

ライフスタイル

a92824e91bf134fe7aefd737920a8bef_s

旅行中は食べても太りにくい!?心理が影響していた!

旅行中に食べすぎて困った!ということはありませんか?実は、旅行中は自律神経の働きや、運動量の多さから太りにくい身体になっているので、ダイエット中でも、たくさん食べて問題がないのです。

ライフスタイル