私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

日焼け止めの選び方…それって正しいですか?

2422 view

正しくUVケアして、美肌をキープしましょう!

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_m

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/176191?title=

 

お肌のことを考えると紫外線予防は必ず行う必要があります。紫外線は春先から増え、5~6月には真夏とほぼ変わらない量が降り注いでおり、曇りの日でも、紫外線は快晴時の50%ほどあるのです。こう聞くと「日焼け止め」はもう手放せない!!と感じる方が多いのではないでしょうか。しかし選び方、使い方を間違えると肌トラブルの原因となり、美肌とは程遠いお肌になってしまうこともあります。正しくケアして、お肌を紫外線から守ってあげましょう!

一言で紫外線といっても種類があります

a0848bfe5dda896d506b01780a2393b8_s
出典:http://www.photo-ac.com/
●UV-A
地表に届く紫外線の9割を占めています。特に5~6月は真夏と同じ程度降り注ぎ9月頃からは減少しますが、冬でも夏の半量が降り注いでいます。活性酸素を発生させる力が強くメラニンを作り出すので、シミの原因となります。そして、お肌の真皮層まで侵入しコラーゲン、エラスチン(コラーゲン、エラスチンは肌のハリや弾力を保つために重要)を破壊するのでシワの原因にもなります。また透過性も強く、雲やガラス、衣服も通り抜けることができます。

●UV-B
5~6月で真夏の8割程度降り注ぎ、9月から減少します。お肌の真皮までは到達できませんが、表皮を刺激しすることで肌に炎症(赤みや水ぶくれ)を起こし、シミ、シワ、乾燥を引き起こします。

●UV-C
3種類の紫外線の中で悪影響が最も強い紫外線で、皮膚がんを引き起こす可能性が高いです。一般的に地表には届きませんが、標高の高い山などには届くとも言われています。

日焼け止めについて

○SPF値…紫外線B波をカット。SPF1=約20分程日焼けをしない値
(例)SPF30の日焼け止めは 約20分×SPF30=600分(10時間)日焼けしません

○PA値…紫外線A波をカット。+(最大4つ)の数が多いほど高い効果があります。即時色素沈着(皮膚が赤くならず、黒く変化する状態)をのばす時間です。

+  (2~4倍)
++  (4~8倍)
+++ (8~16倍)
++++(16倍以上)

●紫外線吸収剤
紫外線を吸収し、皮膚上で化学反応を起こし、熱エネルギーに変換します。長時間の使用は肌の負担となり、肌荒れを招くことも。(オキシベンゾン、メトキシケイヒ酸オクチルなど)

●紫外線散乱剤
紫外線を皮膚上で跳ね返す物質(酸化チタン、酸化亜鉛)が反射し、防ぎます。皮膚への刺激は少ないが、白浮しやすいデメリットもあります。

SPFの数値が高くなるにつれて、紫外線吸収剤などの化学成分の量も多くなり、肌への負担も大きくなります。お肌にとって良い使用方法は、SPF値は低めで、2~3時間おきに塗りなおすことです。そうすることで肌への負担は少なく、紫外線も防ぐことができます。逆にSPF値の高い日焼け止めを塗りなおさずに長時間使用すると、皮脂と混ざり合い酸化し肌トラブルを招いてしまいます。

お肌や使用状況に合わせた日焼け止めを選ぼう

5e6b8a2234d1c6c5bf54ca3680c17149_s

出典:http://www.photo-ac.com/

 

日焼け止めを選ぶSPF値の目安としては

日常生活…SPF10~20
屋外での軽いスポーツなど…SPF10~30
炎天下のスポーツや海水浴…SPF30~50

ウォータープルーフは肌との密着度が高く、落ちにくいので洗顔時に肌の負担となります。一日のほとんどを室内で過ごすような人は、汗などで流れる心配もないのでSPF10~20の日焼け止めをしっかりと塗りなおすようにしましょう。また、クリームの場合は紫外線が当たることで酸化しやすいですが、パウダーは酸化からお肌を守ってくれます。また帽子やサングラス、衣服などでも日焼けをしないようにすることも必要です!

正しい日焼け止め選びが、美肌を作ります。紫外線の時期を乗り越えましょう!


Cana

Cana
美容大好き、女子力向上計画中20代です。現在アロマの勉強中です。

others 関連するまとめ

d8cbe7d21e0a187584287028b0100824_s

コーヒーは本当に味方になってくれるの?コーヒーと便秘の関係

コーヒーは便秘の味方になってくれることもありますが、敵となってしまうこともあります。便秘になってしまう理由にはタンニンやクロロゲン酸、利尿効果があり、便秘を治してくれる理由にはカフェインの刺激作用が挙げられます。

美容・健康

36f73ee25c31fe0b35df9e6b36f77e94_s

第一印象は歯で決まる?!気を付けていますか?歯のホワイトニング対策

これから出逢いの多いシーズン。キーポーイントは「白い歯」。歯のホワイトニング、気を付けていますか?

美容・健康

aefd773ae5345bd52a289a1633013fc0_s

最終ダイエット法はコレ!食べる前に○○を食べると科学的に痩せる!?

ダイエットを行う最適な方法は、食事の前に血糖値をあらかじめ上げておくことです。フルーツを食前に食べることで血糖値を挙げることができるますし、フルーツは身体によくデトックス効果もあるのでダイエットには最適ですね。

美容・健康

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s

同じものを食べても全然ちがう!ダイエットカウンセラーが教える”痩せる食べ方”とは

食べることを我慢せずにダイエットすることができたら素敵ですよね。実は、痩せる食べ方というものがあり、よく噛んで食べる、フルーツなどを先に食べておく、食後にカフェインを摂るなどの方法で、きちんと食べながら痩せることができるのです。

美容・健康