私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

【スキンケア】べたべた梅雨肌対策に、見直すべき3つのポイント

5733 view

不快な梅雨肌を、普段のお手入れでケアして気持ちも晴れやか♪

14319093440_df453dc385_z

出典:https://www.flickr.com/photos/

今年も梅雨がやってきます。雨の日が増えて湿度も高くなるし、気温も高くなって汗ばんでくるのでメイクは崩れやすく、気分的にも不快指数が上がってしまいます。ここでは、普段のスキンケアの中でちょっと気をつけるだけでお肌の調子が上がってくるお手入れ方法をご紹介します。

【どうしてベタベタ不快なお肌になるの?】

私たちのお肌は、皮脂と汗が混じり合った皮脂膜で守られています。この皮脂膜は天然のクリームとも言われています。梅雨の時期はこの皮脂と汗が過剰に分泌されてバランスを崩してしまいベタベタの梅雨肌になってしまうのです。

【まずは汚れをしっかり落とすこと】

どんなに効果のある化粧水や美容液を使っていたとしても、クレンジングや洗顔が不十分ではお肌に届きません。暑さで開いた毛穴には、メイクや日焼け止め、ちり、ほこり、花粉…などなどの汚れが詰まりやすくなっています。丁寧に落としていきましょう。

【ポイント1~クレンジング】

ご自身のお肌に合うものを選んでいますか?メイクや日焼け止めを使っていない日でも、皮脂は分泌されていますのでクレンジングは必要です。

10504580673_f72f0f9553_z

出典:https://www.flickr.com/photos/

★オイル系
→油汚れをすっきり落としてくれます。お肌によってはつっぱり感があることも。乾燥しがちな方は控えた方がいいと思います。オイリー肌の方向きです。

★クリーム系
→しっかりメイクとなじませて洗い流し、もしくはふき取ります。汚れはしっかり落ちるのに、必要なうるおいは残るので肌質問わず、個人的にはおすすめ。

★ジェル系
→お水に近いので、お肌に優しい使い心地です。ドライ肌の方や敏感肌の方向き。バッチリメイクをしているとオイル系などに比べて落ちにくいことがありますのでメイク残りがないか、丁寧に洗いましょう。

★その他
→シート系は、お肌を摩擦で刺激してしまいますので、おすすめしません。また、クレンジングと洗顔は落とす目的が異なるので、別々に使用した方が良いでしょう。

【ポイント2~洗顔】

しっかり泡立てて、短時間で洗い流しましょう。

2189090199_8f2254ef7b_z

出典:https://www.flickr.com/photos/

目安は、テニスボール1個分の泡。洗顔は、汚れを落とすものですのでアルカリ性です。健康なお肌は弱酸性が理想ですので、アルカリ性のものを長くお肌にのせていると乾燥してしまったり、トラブルの原因になったりすることも。しっかり泡立てて、その泡でお顔全体を覆ったら「大きくハート型を2回描く」要領で優しく、泡の上からお肌をなでましょう。

そして時間を置かずにぬるま湯で洗い流しましょう。その際、髪の毛の生え際やアゴ、フェイスラインに泡が残りやすいのでご注意。ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

【ポイント3~化粧水・乳液】

お肌の水分はどんどん蒸発しています。水分・油分補給をきちんと行って、皮脂膜のバランスを整えましょう。

16920740877_505da9ac7a_k

出典:https://www.flickr.com/photos/

化粧水は、コットンにたっぷりと取って使います。毛穴は下を向いていますので、その中に水分を入れ込むように下から上に向けてやさしくパッティングしていきます。お肌がひんやりするまで、水分を補給してください。お肌が十分に冷えてきたら、乳液をつける準備ができた合図です。この準備が整っていない段階で乳液をつけると、うまくなじまずにベタベタしてしまいます。

乳液は適量を、両手でお肌を包み込むようになじませます。手がピタッと止まるまで、優しくのばしましょう。この時期、このべたべた感が嫌で、乳液を省略してしまう方も多いかと思います。でも、乳液(=油分)を補給しておかないと、私たちのお肌は油分が足りないと感じ過剰に皮脂を分泌しようとするので、べたつきやテカリの原因にもなってしまうのです。こんな時期だからこそ、乳液をきちんと使う習慣をつけましょう♪

いかがでしたか?エステや美顔器なども良いですが、お家でのスキンケアを今よりもちょっぴり丁寧に行うだけでもお肌の調子はずいぶん変わってきます。じめじめ梅雨でも、お肌の調子が良いと気分も晴れやかになりますよね♪梅雨に負けない、美肌づくりを普段のスキンケアから行っていきましょう。紫外線はとっても強い時期ですので、お出かけの際の日焼け止め対策もお忘れなく!

101463070_org_v1430616286

出典:http://photozou.jp/photo/


Ricca*

Ricca*
webデザイナーからエステティシャンに転身し、目の前のお客様が笑顔になるお手伝いをしています。美容や恋愛のこと、ときめくものなどを発信していきます。

others 関連するまとめ

d8cbe7d21e0a187584287028b0100824_s

コーヒーは本当に味方になってくれるの?コーヒーと便秘の関係

コーヒーは便秘の味方になってくれることもありますが、敵となってしまうこともあります。便秘になってしまう理由にはタンニンやクロロゲン酸、利尿効果があり、便秘を治してくれる理由にはカフェインの刺激作用が挙げられます。

美容・健康

36f73ee25c31fe0b35df9e6b36f77e94_s

第一印象は歯で決まる?!気を付けていますか?歯のホワイトニング対策

これから出逢いの多いシーズン。キーポーイントは「白い歯」。歯のホワイトニング、気を付けていますか?

美容・健康

aefd773ae5345bd52a289a1633013fc0_s

最終ダイエット法はコレ!食べる前に○○を食べると科学的に痩せる!?

ダイエットを行う最適な方法は、食事の前に血糖値をあらかじめ上げておくことです。フルーツを食前に食べることで血糖値を挙げることができるますし、フルーツは身体によくデトックス効果もあるのでダイエットには最適ですね。

美容・健康

ee03a982c7ecbb6d9d2adb0bcc92be32_s

同じものを食べても全然ちがう!ダイエットカウンセラーが教える”痩せる食べ方”とは

食べることを我慢せずにダイエットすることができたら素敵ですよね。実は、痩せる食べ方というものがあり、よく噛んで食べる、フルーツなどを先に食べておく、食後にカフェインを摂るなどの方法で、きちんと食べながら痩せることができるのです。

美容・健康