私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

妊娠中に食べて良いもの・ダメなもの!

5306 view

妊娠中の食事には特に気を遣っちゃいますよね!積極的に食べたいもの、控えたいものを把握して楽しいマタニティライフを送りましょう♪

a0002_010806
出典:http://www.ashinari.com/

 

お腹の中の赤ちゃんにとってママから貰う栄養はとっても大事!日頃の食生活から気を付けて、元気な赤ちゃんを出産したいですよね。でも、実際に何を食べれば良いのか、そして何を食べてはいけないのか、いまいちよく分からない…。という方も多いのではないでしょうか?

実は、妊娠中に食べてはいけないものってごくわずかなんです。食べて良いのか迷ってしまう食べ物&飲物をチェックして、安心して出産に臨みましょう♪

積極的に食べたいもの

a0002_010978
出典:http://www.ashinari.com/

緑黄色野菜には、ビタミン・鉄分・カルシウム・食物繊維など豊富な栄養素が含まれています。主な食材は、小松菜・ブロッコリー・かぼちゃ・ほうれん草などがあげられます。これらは、お母さんの健康や、赤ちゃんの発育に良い影響を与えてくれます♪日頃は不足しがちなビタミンやミネラルを沢山摂るようにしたいものです。

また、生野菜よりも、煮る・蒸すなどしてたっぷりと食べるよう心掛けましょう。同時に体を温める効果も期待できる為、血液の循環がよくなり、むくみ予防にも繋がりますよ!

控えた方が良いもの

2015-05-Life-of-Pix-free-stock-photos-coffee-black-mug-table-szolkin
出典:http://www.lifeofpix.com/

よく言われるのが、珈琲や紅茶などのカフェインを含む飲物。これらは鉄分の吸収を妨げてしまいます。赤ちゃんはカフェインの排出機能が低いので、1日1~2杯程度に抑えておきましょう。実はチョコレートやココア、コーラなどにもカフェインが含まれていますので、摂取量には十分注意して下さいね。

そして生魚や生肉にも、気を付けて!食中毒の原因となる細菌が潜んでいる場合がありますので、妊娠中はなるべく加熱処理を施したものを食べましょう。また、貧血予防の為にもレバーは体に良いイメージがありますが、ビタミンAを豊富に含んでいる為、胎児への影響が心配です。絶対に駄目、という訳ではありませんが、過剰摂取は控えるようにしましょう。

実は危険?赤ちゃんにとって注意するもの

a1600_000017
出典:http://www.ashinari.com/

■マグロ、タイ
実はこれらの食材には、水銀が含まれています。通常は便などから排出されるので問題ありませんが、胎児にはその機能がまだ備わっていない為、摂取した分を全て蓄積してしまうのです。妊娠中は1回に80g、週2回程度にとどめるよう心掛けましょう。

■うなぎ
栄養満点で体に良さそうですが、実はレバー同様ビタミンAが豊富に含まれている為、妊婦さんには不向きな食材です。妊娠初期には過剰摂取を控えた方が良いでしょう。

■よもぎ
食用のよもぎは食べても問題ないようですが『オウシュウヨモギ』という種類は胎児に影響を及ぼすと言われています。こちらは、念のため控える。という気持ちで注意しましょう。

この様に妊娠中の食事には様々な注意点がありますが、気にし過ぎるとかえってストレスが溜まり、悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。ゆったりとした気持ちで、マタニティライフを過ごして下さいね♪


yuri

yuri
現在2人目を妊娠中!出産の経験の記事など女性特有の悩みについて 経験を活かして記事を書いています^^

others 関連するまとめ

lgf01a201306081300

SNSは離婚を抑止することができる、最高のツールだった

SNSのおかげ…? 出典:http://free-photos.gatag.net/   人と人のコミュニケーションが希薄になっていることを伝える記事や情報において、度々非難の対象になるSNS。それでも毎日人々はSNSを使い、友人…

ライフスタイル

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

どれくらいのボディが理想的?女性の筋肉はどこまでありなの?

程良く筋肉のついたスレンダーな身体は、同性からはあこがれの眼で見られますよね。ですが、やりすぎると引くと言うような意見も。実際、鍛えられた腹筋はカッコいいですが、割れすぎは人気がないなど、ほどほどがちょうどいいようですね。

ライフスタイル

20172af990e51d6f4d87bb03dd128908_s

食後の仕事は辛い!なぜ食べた後に眠くなるのか?

食後に眠気が襲ってくるのは、誰しもが経験していることだと思います。その理由としては、満腹中枢の横にある睡眠中枢が刺激されているから、高血糖や低血糖の状態になっているからなどが考えられます。

ライフスタイル

a92824e91bf134fe7aefd737920a8bef_s

旅行中は食べても太りにくい!?心理が影響していた!

旅行中に食べすぎて困った!ということはありませんか?実は、旅行中は自律神経の働きや、運動量の多さから太りにくい身体になっているので、ダイエット中でも、たくさん食べて問題がないのです。

ライフスタイル