私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

簡単オススメ!子供への熱中症対策おすすめ5つのポイントはコレ!

2784 view

自宅にあるもので簡単にできる子供への熱中症対策の方法をご紹介します。

summer-368224_1280

出典:http://pixabay.com/

5月も中旬を過ぎると気温も上がり、熱中症対策が欠かせません。気をつけているつもりでも、まだ小さい子供は体調の不良を上手く伝えられないので対策はしっかりとしてあげなければいけません。だからといって、外出を控えるのも外遊びをやめるのはムリですよね。そこで簡単できるに子供の熱中症対策法をご紹介します。

その1 【ベビーカーの中は冷やしましょう】地面の温度に注意!

large

出典:http://weheartit.com/

炎天下の空の下、アスファルトからの照り返しでベビーカーや子供の背の高さは大人の頭の位置に比べて4〜5度ほど高いそうです。さらにベビーカーの中は熱がこもりやすく、赤ちゃんの体温は大人より高いため冷やして上げることが大切です。

その2 【水分補給はこまめにしましょう】おしっこや汗の量をチェック!

children-336225_1280

出典:http://pixabay.com/

高温の炎天下にいると大量の汗をかき、体の水分や塩分が失われ体温調節が難しくなります。また小さい子供は喉がかわいているという自覚症状がないことも多いので、時間を決めてこまめに水分補給をしてあげましょう。水、麦茶などでもよいですが、イオン飲料などもおすすめです。

 

その3 【服装を選びましょう】子供でも簡単に脱ぎ着ができることがポイント!

意識的に涼しい服装を選びましょう。袖の長さはもちろんですが、生地選びも重要です。通気性や吸収性が優れているコットンやリネンがおすすめです。

children-450925_1280

出典:http://pixabay.com/

しかし、レストランやデパートに一歩入るとエアコンが良く効いていてかえって風邪をひいてしまうことも。簡単に脱ぎ着ができる羽織ものなど1枚を持ち歩くことは大切です。

その4 【日頃からの体調管理をしっかりしましょう】暑さに負けない体作りをこころがける!

真夏になる前から少しずつ暑さに慣れさせることが大切です。暑いからといって常にエアコンが効いている室内で過ごしていると、暑さに弱くなります。適度に運動をすることをこころがけましょう。

その5 【熱中症を予防する食物をとりましょう】カリウム・ビタミンB1・クエン酸がポイント!

汗をかくと、塩分とカリウムが排出され脱水症状を引き起こす原因となります。熱中症を予防するカリウムを多く含む食品は、豆類・芋類・海藻が代表的です。

 

また、疲れている時は熱中症にかかりやすくなるので疲労回復に良いビタミンB1とクエン酸を定期的に摂取しましょう。

fruit-2071_1280

出典:http://pixabay.com/

豚肉・うなぎ・酢・柑橘類を摂るとよいでしょう。

children-421467_1280
出典:http://pixabay.com/

いかがでしたか?やっと暖かい日が来たと思ったら、真夏はすぐそこです。バーベキューやキャンプ、海水浴などのアウトドアレジャーや、普段のお散歩や公園遊びでも赤ちゃんや小さい子供はもちろん自分も熱中症にかからないように気をつけてくださいね。


yukamitu

yukamitu
女の子を育てながら、自分の趣味を楽しむことも忘れずにエンジョイしています!美味しいものとくにスイーツ大好きのアラフォーママです。

others 関連するまとめ

lgf01a201306081300

SNSは離婚を抑止することができる、最高のツールだった

SNSのおかげ…? 出典:http://free-photos.gatag.net/   人と人のコミュニケーションが希薄になっていることを伝える記事や情報において、度々非難の対象になるSNS。それでも毎日人々はSNSを使い、友人…

ライフスタイル

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s

どれくらいのボディが理想的?女性の筋肉はどこまでありなの?

程良く筋肉のついたスレンダーな身体は、同性からはあこがれの眼で見られますよね。ですが、やりすぎると引くと言うような意見も。実際、鍛えられた腹筋はカッコいいですが、割れすぎは人気がないなど、ほどほどがちょうどいいようですね。

ライフスタイル

20172af990e51d6f4d87bb03dd128908_s

食後の仕事は辛い!なぜ食べた後に眠くなるのか?

食後に眠気が襲ってくるのは、誰しもが経験していることだと思います。その理由としては、満腹中枢の横にある睡眠中枢が刺激されているから、高血糖や低血糖の状態になっているからなどが考えられます。

ライフスタイル

a92824e91bf134fe7aefd737920a8bef_s

旅行中は食べても太りにくい!?心理が影響していた!

旅行中に食べすぎて困った!ということはありませんか?実は、旅行中は自律神経の働きや、運動量の多さから太りにくい身体になっているので、ダイエット中でも、たくさん食べて問題がないのです。

ライフスタイル