私らしく生きる、働く女性のためのキュレーションサイト

健康女子必見!運動後の筋肉痛とサヨナラする方法

3595 view

筋肉痛で動けない…を軽減させる!簡単な方法を知って快適に過ごしましょう。

健康女子必見!運動後の筋肉痛とサヨナラする方法①
出典:https://www.flickr.com/photos/erinsybil/2935075189/

 

部活動やサークル活動、会社の付き合いのスポーツで…筋肉痛になりそう!と思うと、少し不安になりますよね。あの痛みが来るのか…明日学校・会社に行けるかな…とか。毎日鍛えています!という人じゃなければ、筋肉痛はちょっと厄介ですよね。私は学生時代にスポーツを専攻し、バリバリやっていた選手だったので、厳しいトレーニングがあった時は他の人よりも苦痛から逃れる知識を持っていて、少しはましだった気がします。

知っているのと知らないのとでは、大違い!筋肉を使った後、いつどんなことをすればいいのかを説明していきますね。筋肉痛を長引かせたくない…少しでも軽くしたい…また来週もあるのに…という方は実践してみてくださいね。ガタガタの体を少し和らげてあげましょう。

運動直後は筋肉をとことん癒す!

運動直後は、まだ筋肉痛の症状はでていませんが、ここからケアしていきましょう。まずは、十分なストレッチが必要です。ゆっくりと時間をかけてストレッチをし、筋肉をリラックスさせましょう。ストレッチだけでなく、ダウンとして軽い体操やジョギングを取り入れるのもいいでしょう。

次に、筋肉の炎症を抑えましょう。氷で筋肉を冷やすのもいいですが、アイシングスプレーや湿布も使えます。湿布は炎症を抑える作用があります。あまり体を温めすぎないようにしてください。最後に食事!運動直後はタンパク質と糖分をしっかり摂っておくと、筋肉痛を引き起こすホルモン作用の反応を抑えられるとされています。

数時間後から1日後は筋肉の回復に徹する!

運動直後と変わらず、筋肉の炎症を抑えるために冷やしましょう。マッサージは血行が良くなるかと思いますが、筋肉が回復している作業中は逆効果となることがあるので注意しましょう。温めすぎも運動直後と変わらずNGです。入浴は控えて、シャワーを軽く浴びる程度が良いですね。

また食事ですが、筋肉の修復にはタンパク質が必要です。十分に摂取して回復の手助けをしましょう。次は睡眠です。超回復を助ける成長ホルモンをしっかり分泌させるため、快適な睡眠を確保しましょう。

1日後から数日後は筋肉を温める!

これだけ注意していても、完全に筋肉痛にならないとは言い切れません。激しい運動をした方は多少なりとも筋肉痛になっているでしょう。歩けない…動けない…の筋肉痛のピークを過ぎたら、完全回復に向かっていきます。今度は筋肉を温めて、血行を促進させましょう。有酸素運動や入浴が効果的!体の早い回復につながります。

一緒に運動した仲間にも教えてあげてくださいね。筋肉痛を軽減させて、次回の運動も楽しみな気持ちになれますように。


asm1220

asm1220
田舎暮らしの20代主婦♪ 趣味のパン作りや美活に励んでいます。 今は料理のレパートリーを増やすべく奮闘中! 公務員から美容販売員に転職経験あり

others 関連するまとめ

blogger-336371_960_720

iPhone用ガラスフィルムのススメ 売れ筋のフィルムを8種類買って分かったことまとめ

iPhoneは必須アイテム!だからこそガラスフィルムを! 日本人のiPhone利用率はなんとおよそ70%!世界的にはあり得ない数字なのです。そんなiPhone大好きな日本人のみなさん、「iPhoneは割れやすい」とよく言われますね。だからこ…

ライフスタイル

2

モバイルバッテリーのおすすめランキング20選

外出時に「もうすぐバッテリーが切れそう!」と焦ることありませんか? 電車での移動中やちょっとした空き時間などにスマートフォンがないと手持ち無沙汰になってしまう人も多いでしょう。 コンセントがない場所でもすぐにスマートフォンなどの機器を充電で…

ライフスタイル

キャプチャ2

ドジっ子女子も簡単装着!!今話題のガラスフィルムをレビュー

スマホにガラス保護フィルムをつけたい! 『だけど、私不器用だから絶対失敗しちゃう…』 なかなか、お店にも行けないし… つけなくていいや… 数日後… 『パリーン!!!』 あ、買ったばかりなのに割れちゃったよ。 こんな悲…

ライフスタイル

lgf01a201306081300

SNSは離婚を抑止することができる、最高のツールだった

SNSのおかげ…? 出典:http://free-photos.gatag.net/   人と人のコミュニケーションが希薄になっていることを伝える記事や情報において、度々非難の対象になるSNS。それでも毎日人々はSNSを使い、友人…

ライフスタイル